好みの家を建てるために対応できる業者を知る

物件を探す

賃貸物件を探す方法は

賃貸物件を探す方法は、インターネットや情報誌などで調べる事が出来ます。気に入った物件があればまず電話で問い合わせてみて、条件にあう物件なら不動産屋に行き物件を見せてもらいます。いくつかの物件を見せてもらうと良いと思います。賃貸物件を借りるにも目安があり収入の三分の一くらいの家賃なら無理なく生活して行けます。無理なく生活できる物件を探します。物件を見せてもらう時はチェック事項も覚えておくと良いです。交通の便や医療施設の場所やスーパーの場所、なるべく便利な場所が良いと思います。それから部屋の壁の厚さ防音対策ができてるか、壁が薄いと隣の声や物音が聞こえてストレスになる原因になります。ゴミ捨て場や曜日の確認も必要です。

物件が決まったら契約をします

契約には必要書類がありますので用意します。印鑑証明書、住民票、収入を証明する書類、連帯保証人の記入などがありますので、まず揃える事です。それから審査が始まります。賃貸契約して家賃が払える能力があるのか、仕事をしていなかったり、反社会勢力だったり、収入に家賃が適切でないと審査が通らない事もあります。審査が通ったら、家賃の支払いで鍵がもらえますが、最初は家賃や手数料や敷金や保険を払うので家賃の4倍くらいを支払う事になります。 保険は火災保険といって自然災害などにあった時におります。例として強風で物が飛んできてガラスが割れたなど、修理料金がおりる保険です。敷金は部屋を出る時に部屋を傷めてしまった部分を治して、残りを返してもらえます。賃貸に住むときはなるべく部屋に傷つけないように住む事が良いです。